ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週はチャンピオンズ全く登録せず。
2頭牡で出せるのはいて、直前まで迷ったんですが、たまには休憩ってことで。

チャンピオンズには出ませんが日曜日ラジオはやりますので聴いてねー。



このブログの生産志向が強いのは自覚しています。
それは生産ってどんなものなのかわからなくて恐いって思っている人の不安を取り除けたらいいなぁっていう思いからです。
(まぁハズレ馬も引いててそれも載せてるので逆に恐いかもしれませんがw)
それで少しでも、月500円でも月1000円でも課金してくれる人が増えてくれたらな、と。

ただ、まぁいきなり課金するのはやっぱきついでしょうし
僕もオープンβからずっとやってますが、正式開始直後は無料馬ばっかり乗って様子見をしていました。
今僕はもうそういう時期は過ぎてしまいましたが、今そういう時期(様子見で無料プレイ)をしている人もいるでしょうし、今日はいつもとちょっと趣を変えて無料プレイにおける僕なりの思考を書いてみたいと思います。
まぁ無料プレイ独特のポイントもありますが、基本的には課金プレイでも考え方は同じではあります。



まずは馬を買うとこですね。
購入のところで0LCの馬をチェックしてみると将来性★1や★2の馬がいっぱいです。
僕も長い間★1と2しかいないと思っていましたが、実は★3も出ます。
まぁ、すぐ売れてしまうんですが、昔1頭だけ買えました。

こんな感じ。
080830a.jpg
超テンション上がったのを覚えてますw

080830b.png
これがパラ。
初期50とか下手な課金購入馬よりも高いです^^;

実はこの初期50まで高くなったのには理由が他にもあって、
これは以前触れたことなのですが書いておくとですね、

「順応性★2を狙え!」ということです。

初期スピが高い馬がほしいだけの場合は、
適正を犠牲にしてスピに能力を回せばいいわけです。
んで、この順応性というのがアビの数や回り適正・馬場適性などの良さを示しているので
ここの★が低いもの(★1は見たことない気がするので★2)を選びましょう。

よく売ってるアグネスワールド×キョウエイマーチの0LCの将来性★2でも初期スピ47とか出ます。
初期スピが高ければ他はどうでもいい!という人は「順応性★2」を狙いましょう。

ただ、この馬のパラを見てもらってもわかりますが、
距離適正は狭い、馬場適性も悪い、回り適正も悪い
なので乗るのはしんどいです。
初期スピが高くても、騎乗点数が取れないと、成長が悪く結局並の無料馬で終わってしまうでしょう。
目的にもよりますが、こういう不器用なタイプは
ピークまでは点数が取れるように適正(距離・馬場・回り)を守り成長を優先させ
ピークがすぎたところから落ちるまでの間で大きなところを狙う
という作戦が有効になってくるかと思います。
ピークでの値が高ければ引退後のバラエティでも稼ぎやすいでしょうし。

ただ、こういう馬は乗ってて疲れます。
また早熟の馬が多いので古馬重賞を狙うには不向きです。

となるとよく売ってるテイエムオペラオー×ノースフライトとかに白羽の矢が当たります。
探してみましたがテイオペいなかったので適当なのを1頭買ってみました。

080830c.jpg
アグネスタキオンの無料の★2のやつ何頭か買ったことありますがスピ39以下になったことはないのでスピ39は出るでしょう。
オペラオーは36とかも出ますね^^;

それぞれ種牡馬にしても繁殖牝馬にしても、繁殖用のパラがあるので
だいたいの傾向だけでも知っておくと便利です。
適当に買いました乗りました、で終わってしまうのではなく、知識を蓄えていきましょう。
僕は当時無料馬を買っては3歳で引退というのを繰り返してデータ取りをしました。
サイトに実在繁殖馬の持続持久のデータを載せてますが、あれも無料馬で同じ配合を買ってデータを取っていなかったら気付くのがもっと遅れていたはず。

というわけで無料の場合、アビリティもありませんし、
同じ無料プレイでいい無料馬を狙っている人もいるかもしれません。
どの配合だとどういうパラになるかというのを知っていればそれだけ有利になります。
狙い撃ちして買えますし。

話が横にそれました^^;
この母のイッパツギャクテンという馬、データがないのでわからないんですが
オグリキャップ×シーザリオという血統からある程度予測はできることはあります。

オグリキャップの持続持久は86・79。
シーザリオの持続持久は82・75。

なので平均を取ると84・77。
このイッパツギャクテンの持続持久はだいたい84・77であることがわかります。

オグリが差しでシーザリオはたぶん先行。シーザリオは自在持ちで差しにサブ脚質を持ってるような気もせんでもないのでたぶん差しw
オグリは芝◎ダ◎、シーザリオは芝◎ダ▲かな?
そういうのが血統表でわかります。

その馬とタキオンとの配合なので

持続・持久はだいたい77・78ぐらい。
芝◎は確定、距離適正は中距離。
脚質は差しになる可能性が高く、タキオンが右○持ちなので右○が付く可能性もある。
初期スピはおそらく39~41ぐらい。
辛抱強くコメントなので、持続7、晩成0~7のどれか。
落ち着きの★が4なので折り合いは高そうですね。

ということが買う前からわかります。
ここまで予測しておいて結果を見てみましょう。

080830d.jpg
持久がちょっとズレましたがまぁ許容範囲。
スピもなんとか39はありました^^;
脚質も差しで右○もついて、距離適正は中距離。
成長型は晩成5。
ほぼ予想通りです。
ただ、距離適正が中距離はいいんですが、2200~は使いにくいですね;;
20-24ならよかったのに><;

こういうのをどこまで予想して買えるかという相馬眼じゃないですが
知識の蓄積とその活用は大事です。
これが課金馬だとさらにアビも入ってきますし、ハズレだったからぽいってするのももったいないので超真剣ですw

最初の方で述べた、順応性★2に関しては、予想できないというかそれ用のパラがあるので
それも何頭か買ってみると傾向が掴めると思います。

さて、馬は買えました。
後はどう乗っていくかですね。
この晩成5だと、4歳半ばまではほとんど成長しない時期なので点数取り損ねや、距離適正をちょっと外しての減点があってもまぁあまり痛くはないです。
4歳半ばからピークまではしっかりと点数を狙いながらも結果を出していかないとだめですね。

僕の場合であれば、
右回りのレースにしか出さないと思います。
ただでさえ能力が高くないのにせっかく少しでも能力が上がる右○を活かさないのはもったいないです。
粘りも高くはないので早仕掛けで垂れながら粘りこみ戦法も使いづらいのでちょうど使い切り狙いの騎乗で。

時間帯で22-26がない場合、2歳3歳戦なら2000を使うこともありかな。

オープンになったらハンデ戦は避け、できるだけ賞金別定のレースを狙います。
理由は、ハンデ戦だと課金馬や生産馬で強い馬も出てくる可能性が高いからです。
ハンデ戦だとどんなに強い馬でも70を背負うことはないでしょうし。
賞金別定だとG2だと5000毎に+1kgとか、G3だと3000毎に+1kgとかなので稼いだ馬は出し辛いです。

後は、ソロ戦になると能力の高いCOMが出走してくるので(オールカマーでオグリキャップとか、ダイオライト記念でサンデーサイレンスとか出てきますよね^^;)気をつけましょう。
同じように無料プレイで遊んでいる友達がいるなら、一緒のレースに出すようにするといいかもしれませんね。

ピークを過ぎた後どこまで乗ってあげるかは人それぞれ。
一応ピーク後も点数を取っていけば能力の落ち度合いを弱めることはできます。
でもまぁこれ以上能力が上がるわけでもないですし距離適正は無視して、その馬の持続持久値、馬場適性・回り適正に合ったレースに出してあげればいいと思います。
点数よりも結果を出しに行く方向で。

僕の場合は早熟馬でもスピ60を切るまでは乗っていました。
晩成だったらどうせなので最後まで。
まぁそれでよくウチの馬は「ロバ」と呼ばれていた時期があったりw

今でもチャンピオンズに出そうと思う馬は成長型に限らず、8歳の終わりまで乗るようにしています。
最後の方とか初期値まで落ちてることも多々ありますがまぁそれでも愛着がありますし。

引退後はバラエティレースに出しましょう。
これもピーク後と同じく距離適正は無視でおk。
持続持久・距離適正・回り適正から最適なレースに出してあげましょう。

バラエティも乗り終わったらその馬の役目は一応終わりです。
いい馬であればフリーで遊ぶ用に取っておけばいいでしょうし、
残念ながらそんなに強くない場合は涙を拭きながらお別れして新しい馬を買いましょう。



というわけで、長くなってしまいましたが少しでも参考になれば幸いです。
持続・持久の値や、コメントによる成長型の違いなどはサイトに載せていますので利用してねー。

よくわからない点・聞きたいことなどありましたら、GRO内で直接声をかけていただく・このブログのコメント・メール・メッセなどで聞いてください^^



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 parseChance(pinch), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。