ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近は気分でケータイのメルアド変更する人も多いですが
自分の気付いていないとこで友達のメアドを垂れ流してしまってるかもしれませんよって話。

メルアドを変更する際、同じ内容をひとりひとり別々に送ると手間がかかるので
宛先編集でどんどん宛先を追加していきますよね。
それは手間を省くことだからいいとして
問題はその宛先追加のタイプが「TO」になってる場合。
ウチのケータイでも普通に追加すると「TO」で追加されていきます。
その「TO」が曲者なんですよね。


「TO」が何故まずいかと言うと、の前に参考ページw

@nifty:基本用語集:TO、CC、BCC
http://www.nifty.com/yougo/mai02027.htm


上記のサイトに答えは書いてあるんですがまったり説明していきます。


問題はずばり、
「TO」だと相手のTO同士のメルアドが見れてしまうことです。


例えば、
僕がA・B・Cさんという3人に「TO」で追加してメールを送ると、
Aさんに送られてきたメールの宛先欄にはBさんとCさんのメルアドがばっちり載ってしまいます。
Bさん・Cさんも同様。

このA・B・Cさんが共通の知人なら全く問題ないですが、
共通の知り合いではない場合、
そのメアドから自分を介さずにAさんがCさんとコンタクトを取ることができてしまいます。
これってよくはない状況ですよね。


具体的な例を挙げてみます。
オンラインゲームで知り合った本名を教えていない友人(Dさんとします)と
リアルの友人(Eさんとします)の2人に
「TO」でメールを送ったとします。
そうするとDさんはEさんのメルアドをゲットできるわけで、
=DさんがEさんにメールを送って自分の情報を聞き出される可能性が発生することになりますよね。


共通の知り合いではない人を「TO」で宛先追加は望ましくはない。
何かトラブルが起きる状況をあえて作る必要はないですし。
でも同じ内容のメールだしいちいち一人一人に送るのはめんどくさい。


そういうときは「BCC」を使います。
うちのケータイにも宛先のメニューに「Bccへ変更」というのがあります。

「BCC」にするとTOと違い、BCC同士のアドレスはわかりません。
ただ、全員をBCCにすることはできないので誰か一人を人柱として「TO」にしないといけません
送る相手全員の共通の知り合いがいればいいんですが現実にはなかなかそういうことはないでしょう。
じゃあどうしようか。。。

答えは、「自分のメアドをTOの宛先にする」です。
そして送りたい相手全員を「BCC」で追加。

これにより送られてきた相手にはTOである送り主のメアドしか見ることができません。


そんなの当たり前だぜ!っていう方も多いでしょうが
「メアド変更しましたメール」で他の人のメアド晒しまくってることになってる人をよく見かけるので書いてみました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記





w.satoshi.0415_kana-ria@docomo.ne.jp
よろしく
【2009/09/21 13:26】 URL | w.satoshi.0415_kana-ria@docomo.ne.jp #3F2fvlc6[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 parseChance(pinch), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。