ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土曜の東京10RアイルランドTのトゥザグローリーは人気しそうですね。
53キロと軽いし。

ただ、前が楽そうでゆったりしたペースになりそう。
メイショウレガーロがハナ切って、2番手サンライズベガって感じで。

まだ前が止まるような馬場でもないと思うので差して届かずになりそうです。


秋華賞のアプリコットフィズはユタカが12Rの騎乗がありません。
勝てる可能性は十分あると判断しているはず。
マンハッタンカフェ産駒は京都に向いている馬が多いですし、折り合いさえ付けば(まぁそれが難しいというかこの馬の課題ですが…)いい勝負できると思ってます。

以下良馬場想定。

△アグネスワルツ:前走と違いハナを競う相手もおらず単騎逃げ。コースも京都に変わり、レース条件はプラス方向。注意しなきゃ。
△アニメイトバイオ:能力は高いがG1を勝ちきるには一歩足りない気も。買い目には入れたいです・
△アパパネ:キンカメ産駒は京都みたいな速さを競う馬場よりも中山・阪神・北海道などの力勝負の馬場が向いているのが多い印象。大舞台に強いのは認めますが取りこぼしはありえるのでは?
▲アプリコットフィズ:オークスは馬体重減りすぎでした。マンハッタンカフェ産駒で京都はプラス材料のはず。ただ折り合いが心配なので軸にするのはやや勇気がいる…。
_アンティフリーズ:タップダンスシチー産駒。サンプルが少ないので難しいですが京都の芝向きではないと思います。
_エーシンリターンズ:買うとしても3着固定で?w京都に変わるのはマイナス材料だと思います。
_オウケンサクラ:速い脚が使えない、叩き良化型の馬。アンカツのほうが手は合いそう。
_クラックシード:馬券でお世話になりましたが、京都・東京開催でいいとこなしで負けて人気落として中山開催で穴開けるタイプ。
_コスモネモシン:京都では買い辛い。
△サンテミリオン:鞍上不安、初の遠征、休み明け。安定感はありいい馬だと思いますがマイナス材料のほうが目立ちます。
_ショウリュウムーン:京都2000では。
△タガノエリザベート:父SW母父ストームキャットの組み合わせ。同じ組み合わせとしてオースミダイドウ、ダイレクトキャッチ。この組み合わせというか母父ストームキャットなのかもしれないが中京で結果が出ることが多い印象。京都も向いてると思います。前が止まらないと思いますが人気薄なら軽く押さえるのはアリかな。
△ディアアレトゥーサ:ナカヤマフェスタの妹。内博はオウケンを選んだが、鞍上、連勝中の勢い、楽に番手に付けられそうとプラスな要素は多い。前目のアンカツは恐いので3着候補には入れようかな。
_プリンセスメモリー:休み明け。短距離馬。来るとしたらずっと死んだフリしてたら前総崩れするという展開だがこのメンバー構成ではそれもなさそう。
_ベストクルーズ:父クロフネ母父SSの組み合わせ。同じ組み合わせにフサイチリシャール、ブラボーデイジー、ユキチャンなど。距離も馬場もベストではないと思います。
▲レインボーダリア:父BT母父NTの組み合わせ。同じ組み合わせにナリタルナパーク(1998秋華賞2着)、ニシノナースコール(2005秋華賞3着)。調子のいい時のBT産駒は勢いで大きいとこに手が届いちゃうことも。人気しそう…。
_レディアルバローザ:今回多いキンカメ産駒のうちの一頭。距離も馬場も不向き。
△ワイルドラズベリー:父ファルブラヴはサンプル数がイマイチですが、短距離向きが多く、1800あたりに壁があるような印象。中京と相性が良さそうです。池添に戻って後ろから行くのかどうかわかりませんが後ろからの池添はいいかも。人気なければ押さえようかな。

全然絞れてないですww
本命決めというよりは切る馬探しっていう方向のニュアンスが強いです。

まぁこういうぱっと決まらないときって買わないほうがいいんですよね。。。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 parseChance(pinch), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。