ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●Unofficial GRO Laboratory●
ugl_logo.png
http://taki-lab.hp.infoseek.co.jp/wiki_gate.html


↑滝式が管理しているGROのデータサイトです。
有料馬を購入してみたいけどハズレがこわい、生産でいい馬を作りたい、そんな人に役に立つかもしれないデータを置いています。



昨日、「明日書きます」と書いてしまったので諦めて書きます^^;

どうせ書くなら参考になるほうがいいと思うので親馬の初期パラなども載せながら丁寧に。



まずはシェルスクリプト。

ハクホウクンのシェルスクリプトは昨日のメンテで消えてしまったアクションスクリプトという種牡馬の後継で、まぁ僕としてはアクションスクリプトは購入馬ではかなりいい方向に出たアマゾン系一気馬だったのでなんとか地道に血統を伸ばしていきたいなと思っています。

ただ、シェルスクリプトは、
・丈夫さが5
・アクションスクリプトから一気が消えた形(アビは、折り合い・反応・切れ・強心、ど根性)←まぁこのままでも強いですがw
という2つの僕としては気になる点があり、その代わり、
・スピのアップ(アクションは99でした)
・回り適正○○
・サブ脚質の充実
という改善点があります。

もし、この馬をさらにより価値の高い馬(一般的に言う強い馬)にするためにはどうするか。
①丈夫さのシフト(4 or 6に)
まぁこの点に関しては、僕自身は丈夫さ5でもあまり気にしないのでいいんですが、他のプレイヤーさん達にもつけやすい種牡馬にしようと思うとここは大事かと思います。
②アビリティの追加
このアビリティのパターンだとおそらく一瞬の切れがすごく出しにくいでしょうし、接戦○のほうが実用的。
サブも充実しているので追込みの下げあい対策に自由自在があってもいいですし。
また、追込みで反応を持っているなら大まくりや4角もあって損はないでしょう。
まぁ個人的にはこれに一気も欲しいわけです。
まとめると、今のアビに接戦・自在・まくり・4角・一気系をプラスしたいと。

昨日の時点で上記の全てのアビを持った牝馬を所有していませんでしたし
まぁ様子見ということもあり、
・パラや適正の維持+一気の追加+丈夫さ4
を目指して、先週のチャンピオンズで入着して回数が増えたこの牝馬を使ってみることにしました。

配合: ダンスインザダーク×エアグルーヴ
スピード 97 折り合い 101
持続力 74 闘争心 116
持久力 100 粘り 90
瞬発力 110 器用さ 92
ダッシュ 98 安定度 67
パワー 92 運 66
芝(重) ◎ (▲) 右回り (○)
ダート(重) ▲ (▲) 左回り (○)
距離適性 1400-2600m
脚質:○◎△×
アビリティ:イン強襲、光速の末脚、不屈の闘志、接戦◎
成長:持続3
丈夫さ:6

080528a.jpg


ここでいえることは、芝適正◎(▲)、ダ適正▲(▲)、回り適正○○は確定ということ。
父と母まったく一緒なのでどちらが選択されてもどういう分解をされても一緒になります。
距離適正に関しては、アベレージで1600~3000と言う感じでしょう。

080528b.jpg


めっちゃ濃いインブリですし、次にも残ります。
これで4まで丈夫さを落としてしまおうという実験。

結果は、
080528c.jpg

↑横に長いのでサムネイルにしたらすごくちっさくなってしまいました^^;クリックして見てくださいねー。

このインブリの濃さ(43.75%←計算合ってます?自信ないw)だと確実に弊害は出るはずで
丈夫さ・粘り・折り合いなどに影響が出る、はずだったんですが。
まず、丈夫さについては、Aのほうは6なので、例えば内部的には6じゃなくて69とかで下がって61になったんで、結果的に6のまま、のような形なのか、単純にこの濃さのインブリでも下がらないこともあるだけなのかよくわかりません。
Bの方の初期スピが出ているのは僕は丈夫さが低いせいじゃないかなと思っています。
これまで生産で初期66とかも出ましたが全部丈夫さ5でした。
これも4になったから高くなる方向のバイアスがかかったのでは?と。
粘りが片方上がったのはインブリ効果かもしれませんね。
GR8ではNorthen Dancerのインブリードの効果は「粘りUP」でした。

持続持久についてはほとんど両親のピークの平均と同じ。

アビリティについては、いろいろ足りませんがw
どちらも父から2つ、母から1つという組み合わせだったこと、また、唯一かぶっていた不屈(ど根性)が受け継がれなかったこと、は必然なのか偶然なのか。。。

アビの数が減ったのがショック。。。



次にハイブリッドエックス。

こちらはシェルのときよりも本気配合でw
アビいっぱい牝馬とのアウトブリードで堅実に後継作り。
エックスにしても、一気以外の攻め手にかけるアビだったのでそれの補強、および適正の充実が主な目的です。

母の細かいパラなどは最期に結果と合わせてみてください。

080528d.jpg


距離適正は死んでますが、右◎の中山◎、まぁ単純にアビも多くて使いやすい牝馬でした。

080528e.jpg


まぁここで見てもらうとわかるんですが、よくこの母差しになったなとw
母母母にあたるアンディファインドも逃げですし、母母のドリームクロニクルも逃げ。
母父のハヤシは先行で、まさか差しが出るとは思ってませんでした^^;
母母の差しに弱いサブがあったことが効いたようです。

そして結果。両親のパラなども合わせて御覧ください。
080528f.jpg


父も持ち馬だったため、両親どちらの初期パラもわかっています。
まぁどちらもアビはそれなりに付いたんですが、Bのほう、牝馬ですがアビの付き方が最低w
これが昨日言ってた「最後の最後で牝のハズレが」ってやつです^^;
切れと接戦というゴール前アビが消えて、まともに使えるかもわからない自由自在が。。。
適正の合計値も両親それぞれから見ても下がっていますし、はずれ^p^
Aのほうはいい感じです。
適正は両親からうまくいい方を引き続け、アビも優秀。
距離適正が1600~になってくれたらもっとよかったんですが、かと言ってBみたいになってもらうと困るのでこれで十分^^;

こちらも産駒2頭の間には持続持久のズレはありませんでした。
しかし、ピーク・初期どちらの両親の平均と比べても特に持続が出てないなぁという印象。

さきほどのシェルの結果と合わせてにらめっこしてたんですが
どうも、牡だと父寄り?牝だと母寄りのパラ(父似・母似といってもいいかもしれません)になっているような気がしなくもないです(初期スピ・持続・持久・運のパラは別扱いかな?)。

この父似・母似のようなものが牡なら必ず父似・牝なら必ず母似になるものなのかどうかはもう少しサンプルを出してみないとわかりませんね。。。

またお金が飛んでいくことになりそうです。。。orz



もしGROに興味を持たれて始めてみようと思われる方は以下のバナーから会員登録していただけると嬉しいです。





↓読んでよかったと思う方はクリックしてくれると滝式のテンションが上がりますw



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 parseChance(pinch), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。