ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ううう;ー;
お出かけ、体調不良、ネットの不調などが重なってサイトの更新も消化も進んでいません滝式です、こんばんは!

ネタがないので某所で2006年末に書いた文章を載せてお茶を濁しておきますね(ぇ



「2006年有馬記念(我が家の場合)」

有馬記念前夜。
寝まくり症候群真っ最中の僕は母に起こされた。
「ちょっとお父さんが呼んでるから。」
最近こういうときは
小言を言われるか
はーどでぃすくれこーだーの使い方を伝授せねばならないか
ほぼ2択。
寝起きでボーっとしてるので
「うおぉぉーーー。」
と控えめな声で1階へ。

父から
「何くんねん?」
と聞かれた。
それはどうやら有馬記念のことで
どうやら明日夫婦で難波のうぃんずに買いにいくらしい。

あっけに取られた僕は
「ディープ、
・・・
・・・
ポップロックぅぅぅ、
ドリームパスポートぉ、
・・・
デルタブルースぅ、
ダイワメジャぁ」
と答えておいた。
メイショウサムソンも浮かんだけども
石橋ジョッキーの乗り方が気にくわないので挙げなかった。

2階に上がっていく最中
父が母に「じゃあまず馬連で・・・」
とか言ってるのが聞こえたが聞こえないフリをした。

翌日。
有馬記念デー。
朝起きてスープとコーヒー飲んでしばらくしたら下痢る。
(´・ω・`)ショボーン
また寝る。

起きる。
夕方。
もう有馬記念終わってる。

布団の中で
「うがぁぁぁぁぁぁ、どうして、どうして・・・」
と最大限の悲しみと悔しさをできる限り表現した後
JRAのホムペを訪問。
レース映像を観るためだ。
先に結果だけを見てしまうのがどうしようもなく恐かったので
色々考えた挙句メガネを外して
これまでの経験から
「たぶんこのボタンやろ」
的なノリで動画のページを目指した。



ディープは強かった。
乗り心地はいいけど操縦し辛い。
そんなイメージのディープは
これが自身最後のレースであるとは
知ってか知らずか
いつもと同じように走り
いつもと同じようにゴールした。

ただ皐月やダービーのときよりインパクトを感じないのは
見慣れてしまったこともあるだろうし
戦っているメンバーが違うこともある。

「飛んだ」という表現は好きではない。
ディープはやっぱり強い“馬”で
自分の脚で地面を蹴って走っている。

ヨシトミ先生の大逃げは
武豊の劣化コピーの感は否めず
どうせなら横典に乗ってほしかった。
それ以外の他馬が目に入らないほど
ディープばかり見ていた。

勝負は決し武豊が手綱を緩めたのを確認してから
2着争いに視線を移す。
ポップロックが来たことを確認し1階に走る。

父はパチスロに戦いを挑みに行ったようで
母がコタツに入りながら録画していたらしいドラマを観ていた。

「ディープ勝ったなぁ。」
「馬券どやった?」
と話しかけたら

「テレビ録画しといたで。」
と言って自分がドラマを観ている最中にも関わらず
ドリーム競馬を観せてくれた。
ディープをレースで観ることはもうできないわけだし
ドリーム競馬で宮川一郎太と麗奈ちゃんを観るのも最後(※1)だと思うと感慨深く。

番組を観ながら
「馬券どうやったん?」
「馬連で10倍ぐらいはついてたで。」
と改めて聞くと
渋々、まさに渋々と言った表情で馬券を取り出し
表を向ける母。

見てみると・・・
Σ|( ´Д`;)|
1バンガドコニモミアタラナイ…orz

「買ってないやーーん!」
叫ぶ僕。
「そやねん、お父さんが、お父さんがぁ」
怯えたように“お父さんが”と繰り返す母。
「お父さん、これはあんたに言われるわって言ってたわ。」
昔テンポイントやトウショウボーイ、エリモジョージの頃に競馬をしていたという自負があるのでしょう。
父としてのプライドもありましょう。

レース回顧。
大坪さんが
アドマイヤメインのことを
アドマイヤナイン
と言っていた。
ゴール前
「嗚呼、5番がもうちょっと頑張ってくれればいいのに。」
「5番がもうちょっと頑張ってくれたらよかったのに。」
「5番が・・・
母が自らのリピートボタンを押してしまったので
慌ててレース回顧を早送りする。

宮川一郎太がVTR(※2)を流している。
タマモクロスが
オグリキャップが
トウカイテイオーが
サイレンススズカが
名馬たちが走っていた。
その中にメジロマックイーンもいたことが嬉しくて嬉しくて。

母がハイセイコーとオグリキャップ以外の馬名を口にした。
それがディープインパクトだった。
ディープの特集番組があると
「今日○時から○チャンであるよ。」
と僕に教えてくれた。

父が
「最近の競馬はよくわからん」
と言いながらも
久しぶりにウィンズに行った。
それがディープインパクトラストランの有馬記念だった。


そんなディープインパクトがターフを去る。
ありきたりな言葉だけど
お疲れ様でした
そして
ありがとうございました
2年間楽しかったです


マイ宴もとっくに終わった夜
父が帰ってきた。
僕は有馬記念について触れなかった。
還暦近い父を持つ息子として。

(脚注)
※1:関西テレビの「ドリーム競馬」ではこの2人はこの放送日が最後の出演でした。
※2:宮川一郎太が編集?監修?した近年の名馬達をまとめたVTRでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 parseChance(pinch), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。